ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
etu-pirica
えとぴりかデザイン

profilephoto

グラフィックデザイナーのfuu(フウ)と書道家riezou(蓮紫)のユニット。
2000年から活動を開始し、2004(2002)にetu-piricaとして写真やイラストレーションを「書」と一体化させたデザインを発信。
2007年、Toronto Japanese Short Film Festivalに参加。
MdNをはじめ、国内外のデザイン誌執筆多数。大分県在住。

etu-pirica design are graphic design unit.
Oita, Japan since 2004(2002).
Fuu + Riezou(蓮紫:renshi) / photography and calligraphy Design Unit.


Usa, Oita

mail etupirica☆gmail.com(☆→@)


【etu-pirica?】
2007年、台湾のデザイン誌「dpi」vol.101に6ページにもわたり作品を紹介していただき、長いインタビューを受けました。
さらに2009年、dpi magazine[Design Stars Boulevard]インタビュー・コレクション版にも作品が掲載されました。
↓The interview of the "Taiwan dpimagazine" was received in 07'.


Q1,How did you find the passion for graphic world?What important power makes you two goQ1,How did you find the passion for graphic world?What important power makes you two go forward in design filed?
→あなたはどのようにグラフィック世界に関する情熱を見つけましたか?
あなた方2人をデザインの世界に進める重要な力は何ですか?

As for the graphic design, the image of the head is expressible at once. It is a means to be expressible of feelings not conveyed in the word.Because our possibility was in the graphic world.
グラフィックデザインは頭の中のイメージを表現することができます。それは単語で伝えられなかった気持ちを表現できる手段です。私たちの可能性がグラフィック世界にありました。)



Q2,How would you describe your design style?
→あなたはあなたのデザインスタイルについてどのように説明しますか?

Our media include photography, calligraphy , and illustration.Especially, the Indian ink and the design embrace each other.
私たちのメディアは写真、カリグラフィー、およびイラストを含んでいます。特に、墨とデザインは互いを抱きしめます。


Q3,The combination of photograph and calligraphy makes your work really
unique and stand out, what makes you two decide to cooperate with each
other? How did you begin with this way to create your design, could
you talk about your first collaborated work?(images needed))
→写真とカリグラフィーの組み合わせであなたの仕事は本当にユニークで
際立っています。
何によって、あなた方2人は互いと協力すると決めましたか?
あなたはどのようにこの方法でデザインを作成するのを始めましたか?
あなたの最初の共同作業に関して話してくれますか?

Riezou(RENSIH)'s calligraphy was arranged in Fuu's photograph, five years ago.It was unexpectedly a chance occurrence.
After a few seconds, we shouted.
...SO COOL!!
And, it started as etu-pirica design two years later.
Fuu takes charge of the photograph and the design.
Riezou takes charge of calligraphy.
We mutually respect.
5年前、riezouの書道をfuuの画像に配置しました。それは偶然でした。わたし達は数秒後に叫びました。「カッコイイ!」そして2年後にetu-pirica designとして始動しました。
写真とデザインをFuuが担当します。書道をRiezouが担当します。私達は互いを尊敬しています。


Q4,In the front page of your website, you mention that "stimulate your
five senses", is that the creating philosophy of etu-pirica? How do
you stimulate people's five senses by your works? Could you please
take a work as example? (images needed)
→あなたのウェブサイトの第一面では、あなたはそれを「あなたの五感を刺激させる」と言及します。
それはetu-piricaの作成哲学ですか?
あなたは作品でどのように人々の五感を刺激しますか?
例として何か作ってみてくれますか?


The theme of our work is "Sign before".
I want to express the sign that exists in Japan before.
The power of the sensibility(five senses) is necessary for the feeling of the sign. I love tradition beauty of Japan that assumes the symbol of the mind the moon.The light that not only admires the moon but also doesn't reach is felt with the
skin, the smell is imagined, and the sound of the mind is heard at that time. I want to express the part not visible like that in the design.

私達の作品のテーマは「かつての気配」です。
かつての日本に存在した気配を表現したいです。
気配を感じるには感性(5感)の力が必要です。
私は心のシンボルが月であると仮定する日本の伝統美を愛しています。
うっとりと月を眺めるだけではなく、達しもしない光は皮膚によって感じられます。
そして、においは想像されます。心の音はその時、聞かれます。
そのように、目に見えない部分をデザインに表現したいと考えています。

Q5,As artist in Japan, could you talk about how Japaneses look at
calligraphy art nowadays and your opinions on the value of calligraphy
art?→日本の芸術家として、日本人がこの頃は、どうカリグラフィー芸術を見るか、そして、カリグラフィー芸術の価値に関するあなたの意見に関して話してくれますか?(カリグラフィー=書道)

I express beautiful words peculiar to Japan by calligraphy, and it is difficult to have you receive it now.
But I think that I want to establish one line which a writing brush produces as art.
RIEZOU:
日本独特の美しい言葉を今、書道で表現し受け入れてもらうのは難しいですが
筆が生み出す一本一本の線をアートとして表現できたらと思います。

Q6,How do you apply digital techniques to your photos or calligraphy works?
→あなたはどのようにあなたの写真かカリグラフィー作品へのデジタル技術を適用しますか?

The tool chiefly used is Photoshop.The character written in Japanese writing paper(hanshi) is put in the personal computer. Fdecan of the brush is importantly designed.As if the Indian ink was fragrant ‥
The character is written in the image of the photograph always.
主に使っているツールは「Photoshop」です。書道用の紙(半紙)に書かれた字をパソコンに取り込みます。筆の質感を大事にデザインします。まるで墨の匂いが残るように・・。字は写真のイメージでいつも書かれています。

Q7,At present, what challenge you meet and struggle for? What dream and
goal you are running now?
→現在のところ、あなたはどんな挑戦に出会って努力していますか?
あなたは今、どんな夢と目標を走らせていますか?


Being published in graphic design magazine "MdN" was a dream first. We will work in the magazine now. And, we were recorded in Taiwan dpi Magazine.It is very happy!!
And,We design the printed matter of "Short film Festival2007 in Japan in Toronto"this year.
In the future, I want to send the world "Japanese art" seen through our original lens.
To another,it thinks about the development of a cute design based on an old picture postcard of Japan.
最初はグラフィックデザイン誌「MdN」に掲載されるのが夢でした。今はその雑誌で仕事をしています。そして、私達はTaiwan dpi Magazineに載りました。幸せなことです。
それと、今年は、トロントの日本の短編映画Festival2007の印刷物をデザインします。
今後は世界に向けて、私達のオリジナルな「和の世界」を発信したいです。
他には、日本の古い絵葉書をベースにキュートなデザインの展開を考えています。

Q8,Which design or illustration could represent etu-pirica's style the
best or which work is Fuu's or Reizou's favoriteindividually? (images needed)
→どのデザインかイラストがetu-piricaのスタイルを最もよく表すことができま
すか?どの作品が個別にFuuかReizouのお気に入りですか?

Fuu : japanese girl ←Please write as this image under"Monthly magazine MdN(Japan)" .
title"風韻"
Riezou :red image.title"

Q9,Could you please comment some books about design (in Japanese or English)
to our readers who are learning design or who want to be a designer?
→デザイン(日本語か英語の)に関するいくつかの本について、
デザインを学んでいたり、デザイナーになりたがっている本紙の読者に論評してくれますか?

It is DESIGN magazine MdN(japan) if it learns.As for "Photoshop Dismantlement atelier",
the processing technology has been enhanced.I also am writing.
We find our inspiration in movies&music&books.
A favorite movie is "Maboroshi no Hikari(幻の光)". The supervisor is HIROKAZU KOREEDA.
Actor TADANOBU ASANO's work is wonderful.
We look at an old photograph and the ukiyoe of Japan.
学ぶなら、それはDESIGN雑誌MdNです。「Photoshop解体工房」は技術を高めることができます。私も執筆しています。
私たちは映画、音楽、および本でインスピレーションを見つけます。
好きな映画は是枝裕和監督の「幻の光」です。俳優の浅野忠信の作品もすばらしいです。
私達は日本の古い写真や浮世絵も見ます。

Q10,As a graphic designer in Japan, is it a "Japanese graphic style" in
your opinion? Or what you are looking forward to seeing new graphic
designs?
→日本のグラフィックデザイナーとして、それ(あなた達のスタイル)はあなたの意見で「日本のグラフィックスタイル」ですか?
もしくはあなたは何か新しいグラフィックデザインを見つけることを楽しみにしていますか?

There are a lot of excellent artists in Japan. Individuality overflows every day.
Japan today is uniting the different cultures that shoot a strong inspiration.
but,
Japanese beauty of "In Praise of Shadows(陰翳礼讚)" by JUNICHIRO TANIZAKI is loved.
We are "artisan in Japan" in the digital society.
日本には優れたアーティストがたくさん居ます。毎日、個性が溢れています。
今日の日本は強いインスピレーションを撃つ異文化を結合させています。
しかし、谷崎潤一郎の「陰翳礼讚」の日本美を愛しています。
私達はデジタル社会の中の「日本の職人」でありたいです。


Q11,Please give some suggestions or advice to young Asian designers.
→何らかの提案かアドバイスを若いアジア人のデザイナーに与えてください。


In the art made in the personal computer, it is important to play individuality
with the tradition beauty.
There are no useless experience etc.
Want to do it.
And,
Please use a lot of emotions.
Enjoy your time - I hope we see us, maybe in Somewhere in Asia!Thank you!
パソコンの中で作る芸術に、伝統美と共に個性を奏でることは重要です。
無駄な経験などありません。
やりたい事をやるのみ。
そして、多くの感情を使用してください。
人生を楽しみましょう。アジアの何処かで逢えることを願っています!ありがとうございます。

☆Dear Editor of dpi magazine, Sasha.
I appreciate your kindness.
Thank you very much! etu-pirica fuu&riezou